手のゆびにはえるムダ毛が気になる

私は、いつも思うのが、手のゆびにはえる毛がムダだなぁっといつも思います。
手の表がわの第三関節にはえている毛に意味ないよなぁといつも仕事中におもいます。

特に、パソコンをたたいているときなんかが、一番目につくので思うのですが。

これまた、お手入れを一番忘れる部分でもあるのです!

仕事が終われば、忘れ、また翌日仕事の時に気がつくを繰り返します。

ぐるぐるの無限ループを繰り返すわけです。

あまりにも、気になるので仕事中に抜くわけです。
でも、毛抜きもカミソリもないねで、とりあえずつめをつかって抜いてみます。

微妙な長さとつるつると滑ってつかめないわけなんです。

もう!イライラが募ります。

なんとか、この毛をどうにかしたい!ハサミはどうかと試してみますが、全然だめ先だけが少し切れるだけでなんの解決にもなりませんでした。

今日は、絶対に帰ったら手入れをするぞ!と決めて、家にかえりまずは毛抜きで抜くのですが
これが痛い!

なので、つぎはカミソリで剃ります。
そうすると、なんだか毛穴が目立って余計に剛毛にみえてなんだが恥ずかしい。

まあ、手を見せる職業でもないしまじまじと見られることもないので、いいのですが。

この指の毛は何のためにあるのだろう?とお手入れのたびに思うのです。